読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時間・お金・人脈・健康 その2

 

今朝電車の最後尾に乗っていてふとガラスの向こうの運転席を見たのですが、 そこにはくるくると小粋なダンスを踊っている車掌さんが居まして、 思わず「なんだこいつ…」と口に出してしまいました。

 

コピーライターの山田晃希です。

 

…しかもね、「私は踊ってません。ただ電車の振動で体が勝手に動くだけです。これは不可抗力です」見たいな顔して、ギリギリ踊って見えないくらい小さくダンスを踊っていたんですよね。

 

いや…いま立派なステップ踏んでたけどね?あんた。

やっぱり、暇なんですかね車掌さん。

 

しかも電車の尻にいる車掌さんなんて、さらにやることないですよね見た感じ。

 

そう、そういえば車掌さんってpepper君でも代替できるらしく、『この世から真っ先に消えゆく仕事』のうちに入っているらしいですね。

 

当然っちゃ当然ですよね。

 

車掌さんには月30万から40万円の給料が支払われるらしいですが、 pepper君は月55,000円ですからね。 これで年中無休で働いてくれるんです。

 

いやもうこれ『pepperさん』ですよね。

君付けは流石にダメなんじゃないでしょうか。

 

みたいなことを朝から考えていました。

 

昨日は ・時間 ・お金 ・人脈 ・健康 この『富の本質4つ』にはなんと優先順位が付けられるよ、と話したところで終わりました。 みなさんに考えていただきたいのは、単純な順位付けではなくてシンプルに どれが一番重要ですか?

 

これを考えてもらいたいです。

 

さあ、どれですか?

 

ちなみに超一流のお金持ちはみんなが即答でしかも同じ解答をしますよ!

 

なんだか面白いですね。 (ですので即答でその答えを出せない方は二流三流のお金持ちだということです)

 

超一流のお金持ちたちが口を揃えて言うのは、 実は 『健康』 なんですよね。

 

超一流のお金持ちたちはみんな、この『健康』に対してとにかく尋常でないほどの投資をします。

 

いいですか、例外なく、全ての超一流がですよ。

 

『健康』に多額のお金を投資する事は、超一流のお金持ちの間ではもはや常識中の常識。

 

仮に超一流のお金持ちの教科書があるならば、 最初のページの一番上に「とにかく健康に投資をすること」と書かれている事は間違いないでしょう。

 

あのお金持ち一族のユダヤ人も、 「そこには高級車があるなら、売ってその金で高級ジューサーを買うさ!」 と言うほどです。

 

「なんでそんな健康が大事なん??」

 

普通の生活環境に育った人ならそう疑問に思いますよね。

 

いやわからなくはないですが、他に ・時間 ・人脈 ・お金 と選択肢があるんですよ?

 

なのに超一流は ・健康! の一点張りなのです。

 

ここで突然『超重要な事』を再確認しますが…

 

あなたが

・本当の意味での『成功』を収めるなら

 

・本当の意味での『富』を築くなら

 

真似をすべきは 成功を収め、巨万の富を築いているお金持ちの『行動』と『マインド(考え方)』 ですよね? ですので…

 

「あなたがもし『健康』をおろそかにしつつ『成功』を収めようとしているならば、 『成功』を収めるために今すぐ『健康』に一番気を使っていこう」

 

このマインドに今すぐ切り替えなければなりません。

 

でも多くの人は 「そんなん言ったって、なかなか『健康』と『成功』が結びつかないから、今の生活スタイルを変える事は難しいよ山田く〜ん!!」 てなりますよね。

それは当然のことです。山田もそうでした。

 

ここでみなさんにどうしても飲み込んで頂きたい真実があります。

 

とてもとても言いづらい事です。

 

『成功』と『健康』が結びつかない一番の大きな理由は

 

「みなさんの成功像がすでに、不健康の上で成り立った二流以下の偽お金持ちだから」 です。

 

う、うるせーよバーカぁ…!!

 

となってもしかたありません。

 

でも長年のメディアからの洗脳で無意識のうちに「二流以下のお金持ち」が「真の目指すべきお金持ち」であると私たちの脳は認識してしまっているんですね。

 

なぜ、メディアはそんなことをするのか? 実は不健康な二流以下のお金持ちを目指すように人々を洗脳したほうが儲かる業界があるんですよね。

 

それは誰もが知っていて、誰もがお世話になっている、ある業界です。

 

 

まあ言っちゃうと医学界なんですけどね。

 

みなさんが不健康であればあるほどお医者さんは儲かりますよね。

 

これ以上話すとかなり命が危ないので控えますが (癌をあっさり治す治療を考えたのに、殺し屋に命を狙われて結局世に発明を広められなかった人を知っています。消された人も多いです。) 医学界の闇は深いということです。

 

この真実を話しても 「おいおい厨二病なのか山田君」となってしまうのは仕方ないですが、 それでもみなさんが目指すべきは二流より一流ですよね?

 

それも超がつくほどの。

 

その超一流が何より健康に気をつかっているというだけのことです。

 

健康を気遣うことは最重要事項なのです。

 

それでも納得いかない方がおられるなら

 

… たとえば、 「100億円あげるけど、かわりにいまから末期ガンになります」

こう言われたらどう感じますか?

 

顔色が悪く握手した手もグッショリしている人に

「これからも一緒にビジネスをしていきましょう」

こう言われたらどうですか?

 

絶対に嫌だな、と感じますよね?

 

健康を犠牲にして生きる人生はお先が真っ暗ですよ。

 

健康は一夜にしてなりませんので、今から毎日健康に気遣う生活を積み重ねていき、一緒に超一流のお金持ちになっていきましょう。

 

 

コピーライター山田晃希より

時間・お金・人脈・健康

フリーター生活の名残で特に何もなくても朝4時に目覚めてしまいます。

 

コピーライター山田晃希です。

 

今日もブログ訪問者に富や気づきを与えていこうと思います。

 

今回は富の本質である、

 

・時間

・お金

・人脈

・健康

 

についてお話します。

 

富とはこの4つを偏りなく、そして豊富に持つ状況に築かれます。

 

 

なので、お金だけは豊富に稼いでいるにも関わらず時間に追われていて、

なんか常にドタバタしている状態(経営者に多いですね)は、

 

 

お金と時間の量に偏りがあるため、

富は築かれていない状態です。

 

 

さらに「時間がない時間がない〜」と忙しない方に限って、健康面はだいぶズタズタな模様。偏見ですかね?

 

 

時間・健康を犠牲に人脈を築き金を大量に稼ぐ。

一見これを、富を築く事だと思ってしまいがちですが、それは大きな間違いです。

何回も言いますが富の4つの本質のバランスが保たれていて初めてそこから富が築かれます。

 

金も大量に稼ぐし人脈もあるが、時間がなく不健康な人と

 

金も人脈も程よく持ち、かつ豊富に自由な時間を持ち、健康的である人がいるとして、

 

明らかに後者の方がお金持ちっぽいですよね。当然後者は幾分か富を築いています。

 

富の4つの本質、このどれを欠いても富は絶対に築かれないのです。

 

 

ところでみなさんはこの

・時間

・お金

・人脈 

・健康

 

の、どれを最重要だと考えて富を築いていきますか?

 

 

いやー自分は稼げるのであれば寝る間を惜しんで仕事するね!人脈も金も爆速で増やしていくよ!食事も時間が惜しいから最低限の物を食べればいい!

 

と考えますか?

 

 

知らず知らずのうちに、

 

・人脈

・お金

・時間

 

この3つを最重要として、

金に結びつかなさそうな健康をないがしろに考えてはいませんか?

 

この考え方が一番

 

 

 

この世を猿の惑星にしてはいけない!

コピーライター山田です。

 

 みなさんモチベーションて信じますか?

 

よく「モチベーション下がったわ〜」

などと耳にするのですが、

 

みなさんはこの、

今まで目視したことのない、

存在するかどうかもわからない、

けど何故か妙にみんなが信じている、

 

モチベーションというものについてなんの疑問を持ちませんか? 

 

僕はモチベーションは存在しないと思っています。

というか、見たこともないものを信じるなんて、幽霊が実際にいるのを信じるのと同じだと思います。

絶対に信じません。

 

だけどこの世は信者が多いですね。

モチベーションなんていうのを信じているのに幽霊や超常現象を信じている人をバカにしてしまうあなた、でっかいブーメランが突き刺さってますよ。

 

だけどオーラとか、そういうスピリチュアルなものの存在は信じてしまうのです。

 

何故なら

1.この世で最も信頼の置ける師匠達が信じているからと、

2.ちゃんと存在自体を理由付けられるから

ですね。

 

ですがモチベーションとなると・・・うん、やっぱり存在を理由付けられません。

 

モチベーションというものは理由付けられる存在ではなく、「あることの理由」に使われます。

 

「そのあることの理由」とは

 

たいてい「やらない理由」です。

 

人間はザックリと

・食う

・寝る

・呼吸

・排泄

・セックス

 

 これ以外のことは基本「したくない」と思ってください。

(これだけ見ればお猿さんと同じですね)

 

なぜなら

これだけしていれば人類は生き延びることができるからです。

 

これ以外の事は人間の原理原則に基づくと、別にする必要のない事です。

 

試験勉強なんて別にやらなくても死なない事は、体の中の遺伝子が十分理解している事なんです。

 

別にしなくても生きていけるからな

 

この本能とも言える考え方が、あなたの行動にブレーキをかけます。

 

この「やらない理由」の超本質を、なかなか便利な言い方である

「モチベーションがない・下がった」

で言い表し、なんとか事なきを得ようとするのが現代人です。

 

ですがモチベーションの正体なんて誰も知りません。知ってるつもりでもうまく説明はできないでしょう。

結局、やらなくても生きていけるからな〜!に行き着きます。

 

 

ではどうやったら「やる」ようになるのか。

 

上記5つ以外の何かをする時、必ず「やる理由」がいるんです。

これはなんとなく分かると思います。

 

そしてこの「やる理由」の中身、

正直悪い事以外ならなんでもいいと思っています。

 

困っている人たちを救わなければならないから

でもいいし

レクサスを乗り回して毎日違う女の子を乗せるため

でもなんでもいいです。

 

やる理由を探しだすと、結構キリがない事が多いです。

僕は今紙に書き出しただけで60はあります。

 

・やりたいこと(欲)

・僕にしかできない生涯の使命

 

この二つを合わせて60です。

 

「やる理由なんてなあ、そんな具体的にわからないよ山田く〜ん!」

 と困っている人は

自分の欲なんていうものは街中を歩けばゴロゴロ見つかるという事に早く気付いてください。

 

いい服を見つけて、ちょっとでもその服を着ている自分を想像したならそれはもう欲求なのです。

そういうものを小さなことでも何か紙に書き出しておくといいです。(紙に書く理由はちゃんとあります)

 

ですが欲だけ書いて、それだけを理由に行動するのはちょっと人間的とは言い難いですね。

「欲に突き動かされる」というやつです。

 

上記の人間の行動の理由5つはどれも「欲求」です。猿も同じ欲求で行動します。

せっかく行動の理由を探し出しても、それが全てたわいもない欲求なら、それは上記5つの欲求にさらに欲が増えただけと同じです。

 

つまり「沢山の欲求を持ったお猿さん」になっただけなのです。

 

あなたは人間です・・よね?大丈夫ですよね?

 

自分が人間であると思うなら、何か「使命」を持って行動をするといいとおもいます。

 

「でも使命なんてそうそう思いつかないんだよ山田くん!」

 

と頭を抱える人には、あなたの使命が見つかるように一つだけアドバイスしたいことがあります。

 

簡単です。

 

「あなたの子供に、あなたのどんな行動・姿を見せたいですか?」 

 

これを考えるとなんとなくですが、使命に近いものが想像できると思います。

 

 

美しいママ、かっこいいパパだと常に思われるには、あなたは今から何をすればいいのでしょうか?

 

ちなみに使命はあなたの中に絶対に眠っているはずです。

金銭状況や環境を理由にもはや実現できないと思い込んでしまっている、だけど「こんなことができたら最高だな!」

と思える、そういうものが使命なのです。

 

その使命を見つけ、行動した時人間は『富』を築くことができます。

 

欲まみれの猿と使命を持った人間。

 

どちらにならないといけないかは明白ですよね。

 

 

コピーライター山田より

 

富とは、お金を全て失った時に残っているもの??

今年も寒波がやってきて急激に寒くなりましたね!(^∇^)

コピーライター山田です。

 

この季節に街を歩くと、歩いてる人達みんないつになくイライラしてます。

 

特に突風が吹けば必ず皆んな嫌そうな顔をしますよね。

 

必死に厚着して、猫背で熱を溜め込んで頑張って歩いてるのに、

 

冷たい風が一瞬にして体を突き抜けて熱を持ってく訳ですから、それはイラっときますよね。

f:id:ADHDshinri:20170122141815j:plain

みなさん、冬ってお嫌いですか??

 

クリスマス、お正月と我が国の特大イベントが二個もあるんですよ?

 

大人は雪が嫌いだけども、子供は大はしゃぎですよね!山に行けばスキーもスノボーもできます。

 

僕の地元鳥取県は冬に名物のカニが解禁されるので、食べる事が好きな僕にはたまりません(o^^o)

田舎の冬景色もいいものですよ〜(o^^o)

 

それでも、本当に冬はお嫌いですか??

 

はい僕は嫌いです☆

 

 

"あなたの考える『富』とは、

一体何ですか?"

 

みなさんお金持ちになりたいですか!イエス!ですよね!

 

お金持ちになるにはお金持ちの真似をするのが一番早いと思ってます。

 

なら、

お金持ちはみな巨万の『富』を築いている、ということに気づかなければいけないのでは、とおもうのです。

 

『富』を築いているか築いていないか、これがお金持ちとあらゆる面で差をつけている最たるものです。

 

じゃ『富』てなに!

という定義の話になってきます。

 

この『富』を最初に履き違えると、とても危険な事が起こります。

 

『富』と勘違いした「全く別のもの」を築いていってしまうのですから、当然お金持ちになる事はありません。

 

逆にこの『富』の定義を明確にすると、今まで以上の速度でお金持ちになっていく感じです。

 

お金持ちの『富』の定義とは

一体何なのでしょうか。

 

ウェルスダイナミクスー富の方程式ー発案の

ロジャー・ハミルトンはこう言ってます。

 

 

"富とは、持っているお金の額のことではない。

 

富とは、お金を全てうしなったときに残っているもののことである。"

 

 

 何だか深い!って感じですが、

つまりは「戦争や地震で焼け野原になってもなお残るもの」

これが富ということです。

 

 

大抵の日本人はお金を日本円で銀行に預金していますが、

戦争が起こって日本が焼け野原になってしまったら・・お金を預けていた銀行が無事に残っている保証はないですよね。

 

そして日本は過去に二度「預金封鎖」というものを行なっています。

 

これは日本の経済に何らかの大ダメージがあった時、一旦全国民の預金口座を凍結させて、そのお金を経済の回復に使うというもの・・・!!

 

日本「地震津波だー大損害だー!ごめんけどみんなの貯金、使わせてもらうわー!ちなみに返す予定はないでー!辛いのはみんな一緒やから我慢してなー!頑張ろうなー!」

 

この日本という国はこのように無断であなたの口座のお金を使う権利を持っています。実績も2回あります。( ;∀;)

 

しかも 大災害が起きた時に限ってどさくさに紛れて預金封鎖をしてきます。

 

東日本大震災が南にあと100kmズレたところで起きていたら、

この預金封鎖が発動していた、と言われています。

 

今どこで地震が起きてもおかしくない日本。

 

 お金が無くなっても残るもの、それが『富』なわけですから、

いくら通帳の金額が大きかろうが、日本円であるならばそれは『富』ではないのですね。

 

 

最近就任したドナルド・トランプ大統領の話をしましょう。

 

彼は1980年代に不動産で帝国を作り上げました。誰もが知っているニューヨークの不動産王ですね。

 

一回一回の単価が何億円にもなるのが不動産の世界ですから、当然彼は巨額の借入金を元手にして不動産取引をしていました。

 

 

しかし90年代に入って不動産ブームが落ち着きます。

 

すると彼は借金の返済ができなくなりました。

 

彼はビジネスで35億ドル

プライベートで9億ドルの負債を抱えることになります。

 

この時点では僕もあなたもトランプより9億ドルもお金持ちだったんですね!!

 

 

てすが彼はその後10年で怒涛の巻き返しを見せます。

2005年には経済誌「フォーブス」の米国富豪ランキングトップ400の中に名を連ねるまでになったのです。

今やただのお金持ちに飽き足らず米国のトップです。

 

 

『富』を築いた人たちのほとんどは何らかの形で巨額の損失に見舞われています。ですがその度に彼らは損失を取り戻します。

 

焼け野原以下になった大地にも最終的には広大な草原を作り上げてしまいます。

 

なぜなら彼らは、

"『富』はお金が無くなっても残るもの"

だという事を知っていたからですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はじめまして

はい、僕

山田晃希やまだこうき

といいます。コピーライターです!

 

僕はこのブログに訪れた全ての人に『富』を与えられるように、日々更新していこうと思います!

 

 

コピーライターという仕事をやっている理由は、僕の持っている全ての能力を使ってより多くの人に『富』を与えられる仕事は何だろう?と考えた時に、最もふさわしかっ答えがこの仕事だったからです。

 

セールスマンでもスポーツ選手でもなくコピーライターです。

 

そして僕の憧れ、目標としているコピーライター達は、全員が『富』に関して素晴らしい考えを持っていて、実際に巨万の富を築いているという事も理由の一つです。

 

 

あるコピーライターは、彼が書いたセールコピーライティング1ページに300万ドル(およそ3億円)のフィーがついた程です・・

 

 

彼ら憧れのコピーライター達や、僕が大変お世話になっている素晴らしい経営者達の『富に関する知識・知恵』を、ブログとしてたくさんの人に発信しようと思います。

 

伝える事が、伝えられた者の使命ですからね。

 

あいさつはこのへんで終わりにしたいと思います。

これからもコピーライター山田晃希をよろしくお願いします。

 

最後に質問をしたいと思います。

 

"あなたの考える『富』とは、

一体何ですか?"

 

 

コピーライター山田