読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時間・お金・人脈・健康 その2

 

今朝電車の最後尾に乗っていてふとガラスの向こうの運転席を見たのですが、 そこにはくるくると小粋なダンスを踊っている車掌さんが居まして、 思わず「なんだこいつ…」と口に出してしまいました。

 

コピーライターの山田晃希です。

 

…しかもね、「私は踊ってません。ただ電車の振動で体が勝手に動くだけです。これは不可抗力です」見たいな顔して、ギリギリ踊って見えないくらい小さくダンスを踊っていたんですよね。

 

いや…いま立派なステップ踏んでたけどね?あんた。

やっぱり、暇なんですかね車掌さん。

 

しかも電車の尻にいる車掌さんなんて、さらにやることないですよね見た感じ。

 

そう、そういえば車掌さんってpepper君でも代替できるらしく、『この世から真っ先に消えゆく仕事』のうちに入っているらしいですね。

 

当然っちゃ当然ですよね。

 

車掌さんには月30万から40万円の給料が支払われるらしいですが、 pepper君は月55,000円ですからね。 これで年中無休で働いてくれるんです。

 

いやもうこれ『pepperさん』ですよね。

君付けは流石にダメなんじゃないでしょうか。

 

みたいなことを朝から考えていました。

 

昨日は ・時間 ・お金 ・人脈 ・健康 この『富の本質4つ』にはなんと優先順位が付けられるよ、と話したところで終わりました。 みなさんに考えていただきたいのは、単純な順位付けではなくてシンプルに どれが一番重要ですか?

 

これを考えてもらいたいです。

 

さあ、どれですか?

 

ちなみに超一流のお金持ちはみんなが即答でしかも同じ解答をしますよ!

 

なんだか面白いですね。 (ですので即答でその答えを出せない方は二流三流のお金持ちだということです)

 

超一流のお金持ちたちが口を揃えて言うのは、 実は 『健康』 なんですよね。

 

超一流のお金持ちたちはみんな、この『健康』に対してとにかく尋常でないほどの投資をします。

 

いいですか、例外なく、全ての超一流がですよ。

 

『健康』に多額のお金を投資する事は、超一流のお金持ちの間ではもはや常識中の常識。

 

仮に超一流のお金持ちの教科書があるならば、 最初のページの一番上に「とにかく健康に投資をすること」と書かれている事は間違いないでしょう。

 

あのお金持ち一族のユダヤ人も、 「そこには高級車があるなら、売ってその金で高級ジューサーを買うさ!」 と言うほどです。

 

「なんでそんな健康が大事なん??」

 

普通の生活環境に育った人ならそう疑問に思いますよね。

 

いやわからなくはないですが、他に ・時間 ・人脈 ・お金 と選択肢があるんですよ?

 

なのに超一流は ・健康! の一点張りなのです。

 

ここで突然『超重要な事』を再確認しますが…

 

あなたが

・本当の意味での『成功』を収めるなら

 

・本当の意味での『富』を築くなら

 

真似をすべきは 成功を収め、巨万の富を築いているお金持ちの『行動』と『マインド(考え方)』 ですよね? ですので…

 

「あなたがもし『健康』をおろそかにしつつ『成功』を収めようとしているならば、 『成功』を収めるために今すぐ『健康』に一番気を使っていこう」

 

このマインドに今すぐ切り替えなければなりません。

 

でも多くの人は 「そんなん言ったって、なかなか『健康』と『成功』が結びつかないから、今の生活スタイルを変える事は難しいよ山田く〜ん!!」 てなりますよね。

それは当然のことです。山田もそうでした。

 

ここでみなさんにどうしても飲み込んで頂きたい真実があります。

 

とてもとても言いづらい事です。

 

『成功』と『健康』が結びつかない一番の大きな理由は

 

「みなさんの成功像がすでに、不健康の上で成り立った二流以下の偽お金持ちだから」 です。

 

う、うるせーよバーカぁ…!!

 

となってもしかたありません。

 

でも長年のメディアからの洗脳で無意識のうちに「二流以下のお金持ち」が「真の目指すべきお金持ち」であると私たちの脳は認識してしまっているんですね。

 

なぜ、メディアはそんなことをするのか? 実は不健康な二流以下のお金持ちを目指すように人々を洗脳したほうが儲かる業界があるんですよね。

 

それは誰もが知っていて、誰もがお世話になっている、ある業界です。

 

 

まあ言っちゃうと医学界なんですけどね。

 

みなさんが不健康であればあるほどお医者さんは儲かりますよね。

 

これ以上話すとかなり命が危ないので控えますが (癌をあっさり治す治療を考えたのに、殺し屋に命を狙われて結局世に発明を広められなかった人を知っています。消された人も多いです。) 医学界の闇は深いということです。

 

この真実を話しても 「おいおい厨二病なのか山田君」となってしまうのは仕方ないですが、 それでもみなさんが目指すべきは二流より一流ですよね?

 

それも超がつくほどの。

 

その超一流が何より健康に気をつかっているというだけのことです。

 

健康を気遣うことは最重要事項なのです。

 

それでも納得いかない方がおられるなら

 

… たとえば、 「100億円あげるけど、かわりにいまから末期ガンになります」

こう言われたらどう感じますか?

 

顔色が悪く握手した手もグッショリしている人に

「これからも一緒にビジネスをしていきましょう」

こう言われたらどうですか?

 

絶対に嫌だな、と感じますよね?

 

健康を犠牲にして生きる人生はお先が真っ暗ですよ。

 

健康は一夜にしてなりませんので、今から毎日健康に気遣う生活を積み重ねていき、一緒に超一流のお金持ちになっていきましょう。

 

 

コピーライター山田晃希より